« マルガリータ | トップページ | 箱庭 »

2008/09/03

納豆とアロマ


 


昨年の2月頃、プライドの足が、ひどいことになっていました。

足の裏のパッドの間に、かさぶたのような、薄皮のような赤黒い垢がたくさんくっついて、皮膚には小さな赤いポツポツしたものが出来、その上ひび割れていました。


暇さえあれば、自分の足を舐めていました。


幼児の指シャブリみたいなものなのでしょうか。


止めても止めても、舐めているのです。


痛そうだし、痒そうだし、おまけにちょとクチャイぞ!!!





病院に連れて行ったら「指間炎」の診断。


抗生物質とステロイドの投与。


薬用シャンプーで、患部を常に清潔に保つ。


ついでに、患部がカサつかないようなサプリも与える、という3本立ての治療をすることになりました。





結果は、ステロイドと抗生物質という最強のゴールデンコンビでの治療のお陰で、たった1週間であっという間に完治して、きれいなピンク色のパッドになったのには、心底ビックリしたものです。


みるみる、治っていくんですよ。


動物病院の先生には申し訳ないけど、本当のところ、最初は半信半疑だったのです。


足に出来たものが、飲み薬だけで治るのかどうなのかと。


全くそれは、ほんとに、ちょっと感動的なくらい、あっという間に治ったのでした。



さあ、そこから数週間かけてゆっくりステロイドをやめる方向へ。


これで、めでたしめでたしとなるはずだったのです。





冬に向かう頃、ショー出陳のために何日間かお預けした途端、退屈な犬舎生活を思い出したのか、日がな一日自分の足を舐め続けて、あっという間に指間炎が再発してしまったのです。


う〜〜〜ン、せっかく治ったのに、プライドよ、足舐めは駄目じゃよ。





今回はステロイドを使わずに治したい思ったので、なんとか自分流でいってみることにしました。




1 舐めたら注意する。


私「プライド。足舐めちゃ駄目!!!」


プライド「聞こえないフリ」




 家にいる時は抗生物質の塗り薬を塗って靴下をはかせる。




0891socks1

等々続けたけれど、治るかと思うとまたぶり返すという状態を繰り返していました。




0891socks2

プライド君、くつした脱げてますけど。





今年の夏前に、プロのハンドラーさんと、プロの(当たり前か)ナースが、納豆菌スプレーのことを教えてくれたのです。


OYK菌という、納豆菌の1種が、とてもよい働きをするのだそうです。


そのメカニズムは、下のリンク先に、とても判りやすく書かれているので、見てみて下さい。


足用、耳用、ボディ用、消臭用と4種類あるので、使う場所にあわせて選べます。




■お散歩の後にシュシュっとひとふき♪毎日のケアにSureLimpu シュアリンプウ フットスプレー 



              

1 お散歩から帰って、足を洗ってよく乾かした後、これを足裏にシュッとひと吹き。




2 もしも舐めたら、声をかけてやめさせる。


私「プライド。足舐めちゃ駄目でしょう。お姉さんと約束したでしょう。舐めないって」


プライド「そうだったかな。まあいいや。うるさいから止めとこ」


バタっ!!!と寝る。




3 そしてもう一つが、アロマオイル入り手作り石けん。


足を洗うのに、刺激の少ない、お犬様の皮膚によく効くアロマオイルが入った手作り石けんを使ってみました。


0891goatmilk_soap_150_shade_3http://www.pb-dogsoap.com/index.html


もちろん人間がお借りしても、すごーくいいです。

汚れもよく落ちて、泡切れがよくて、皮脂を取りすぎない。


製作者の里見先生のお人柄が、また素晴らしいのです。


余談ですが、先生にいろいろ習いたくて、昨年、アロマ検定1級を受けてしまいました。


歴史から、脳の科学等々、想像していたよりいろいろな分野にわたる内容で、久しぶりに楽しい受験勉強をしました。



という訳で、今回の3本立ての治療が功を奏して、プライドの足裏は見事に治ったのです!!!!!!




ちょとお薦めしたくて、書いてみました。


足裏だけでなく、お腹や背中に、ちょっとした湿疹ができ始めた時にも、使ってみたりしてます。






|

« マルガリータ | トップページ | 箱庭 »

お勧めGOODS」カテゴリの記事

コメント

我が家の愛犬は、雷になると必ず吠えます。

特に夜中に雷が来て吠えられると、家の中に入れる私も大変ですが、なにより近所迷惑になるので困ったものです。

しかし、雷が過ぎ去るとシュンとした反省した顔になっているので、ある意味カワイイ犬です。

投稿: 遠山の金さん | 2008/09/04 14:52

遠山の金さんさん

ようこそです。
雷、怖いですけど、吠えると困っちゃいますね。

うちのボルズは、あんまり気にしない様子で、いつものように寝とりますです。

胆の太いヤツらなので、助かります。

大型犬で恐がりだと、慰めるこちらも大変ですよね。

投稿: 風祭ゆき | 2008/09/05 16:28

プライドのお姉さま、おはようございます。
(さっき会ったけど)
そういえばプライド君も足先が赤いなと思っていたんですよ。
ちょこも足を舐めるのが癖になっています。
塗り薬は舐めてしまうので散歩前に塗って
帰ったら拭くようにしています。
飲み薬だと本当に即効なんですけど
常用したくないので・・・

ちょこの祖母(生母の飼い主)はアロマの資格を持ってます。
ちょこの血統書の名前は「アロマ」です。
そのわりに臭いんですが(/ω\)

投稿: ちょこまま | 2008/09/06 09:57

ほほぉ・・・納豆菌ですか。
実はリアンが膿皮症とやらになったことがあり、コントも先週それで病院へ^-^;
確かに飲み薬は良く効くけれど、年がら年中お薬を体内に取り込んでいるワンコにはあまり飲ませたくないですよね(> <)
シュアリンプウ、名前は知っていたけどどんなものかは知りませんでした。
いろいろと効きそうですね♪いいこと聞きました!ありがとうございます♪

投稿: グリコママ | 2008/09/08 02:36

チョコママさん
いわれて、気をつけてみたら、チョコちゃんも足の指の間、確かにちょと赤くなってるね。
この癖治すのは、ホントに大変ですね。
気長にやりましょう。

そうなんだ、ちょこちゃんの登録名って、アロマなんだね。
臭くなんてないですよ。
うちのボルズは、ちょこちゃんの匂い大好きですよね(ふふふ)。


グリコママさん

シュアリンプーって知ってたのですね。
なかなか、っていうか、とってもいいです。
是非是非試してみてみてください。

膿皮症、大変だね。
これまた根気よくね。

薬って、難しいですよね。
効くのは判ってるんだけどね。
お大事にどうぞ。
秋からのデビュー、楽しみにしてますよ。

投稿: 風祭 | 2008/09/09 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルガリータ | トップページ | 箱庭 »